樋口なおき公式ホームページ

「樋口なおき」だからできること。

 樋口なおきは、大手広告代理店で行政が苦手とされているマーケティングや情報発信の術を学んでまいりました。
 また、樋口なおきは、1度目の選挙に落選後、政治を改めて学び直すため、母校である明治大学の公共政策大学院に仕事をしながら通い、公共政策修士(専門職)号を取得しました。
 大学院では、様々な地方公共団体の職員さんや地方議会議員の皆様と机を並べ、議論をしていくことで多角的な視野を身につけるとともに、多くの地方とのパイプを築くことができました。
 あわせて、大学院での縁をきっかけに、衆議院議員の公設秘書も務めさせていただき、国会の政治の場を肌で感じるとともに、様々な陳情や要望に対応させていただくなかで地元での活動の大切さを学ばせていただきました。
 そして、多くの先輩方から川越について学ばせていただきました。
 このように、樋口なおきは公私ともに政治の場に身を投じ、知識と経験を培ってまいりました。
 これまでの経験がなければ役職をいただいてもその役職を存分に務め上げることが出来なかったかもしれません。
 しかしながら、樋口なおきはしっかりとその役職や皆様の想いを受け止められるだけの知識と経験を得てきたと自負しております。
 樋口なおきは、これまでの経験を活かし、樋口なおきにだからできることを意識し、「これからも誇れる川越」のために「川越のために真面目に」活動してまいります。

 


基本政策

住みたい、住み続けたいと思われる愛着と誇りある川越へ。

 
 

また、政治は長期的な視野による活動も大切ですが、時代が複雑化し、これまででは考えられなかった問題も生まれてきている昨今、臨機応変な対応能力も求められております。
上記を基本にしながら、随時諸問題に対してしっかりと取り組んで参ります。